REPORT

WEDDING CONCEPT
言ノ葉
shogo & yuka
会場
ルメルシェ元宇品
挙式スタイル
人前式
招待者人数
75名
BACK GROUND

これまでの人生を振り返ってみる
たくさんの大切な人の顔が浮かぶ

二人を産み大切に育ててくれた、自分の進む道を見守り応援してくれた両親、家族。
遠く離れてもいつでも帰る場所をつくってくれた、どんな時も一緒に笑い泣いてくれる友達。
一緒に成長できた仲間の存在・・・
今、人生の節目に立ち思うコト
”ありがとう”という心からの気持ち。

きっと言わなくてもわかってる、伝わってる、ではなく
今日という日だからこそちゃんと二人らしく伝えたい。

あふれるほどある、これまで伝えきれなかった思いもすべて
コトノハにのせて届けよう。

そしてこれから歩む二人の人生も”言葉”があふれる、
あたたかくて帰りたくなる家庭を築いていこう。

PLAN

●ゲストに季節を感じてもらえる装飾を。門扉から続くアプローチに葉っぱのガーラント、など。
●コンセプトである「言ノ葉」を伝える工夫。待合にゲスト一人一人を紹介できるような写真展。
●挙式の祭壇上にもみじの木を。もみじの木の前で誓ったコトノハ。
●結婚成立宣言ではお互いへの誓いのコトノハを組み込んだオリジナル宣言。
●挙式の後、ガーデンで乾杯。瀬戸内レモンを使った日本酒スパークリングで。
●パーティーへの入場前にプロフィールムービー上映。
●歓談中はできるだけ各テーブルを回っておしゃべりしたり、写真撮影したり、ゲストと過ごす。
●お料理は新郎地元の岐阜・新婦地元の広島ならではの食材を使用したオリジナルメニューで。
●ウェディングケーキは、季節の秋らしく、また新婦様が新郎様に初めて作ったというモンブランケーキ。
●新郎新婦とのじゃんけん大会で勝ち残ったテーブルのゲスト全員へのプレゼントはメイン料理のお肉をランクアップ。
●料理のごはんもののお米は、新郎のご実家が作られているお米を使用。
●お色直し後も、メインやガーデンでの写真タイムで、ゆったりゲストと過ごす。
●新郎にサプライズで、新郎両親からの言ノ葉を贈る。
●二人がしっかりと思いを伝えたパーティーを振り返るハイライトムービー上映
●再登場して全員での記念撮影

From PLANNER
担当プランナー:古橋絵莉子

同じ年に入社して、切磋琢磨しながら、これまで一緒に頑張ってきたたった一人の同期。その人が新婦でした。
彼女が結婚することになったら、いつかその日にプランナーとして大切な一日をお手伝いできたら・・・その夢が叶った一日となりました。「担当お願いできる?」と彼女に言われたときの喜びは今でも忘れられません。

そこから始まった結婚式までの準備は、同期だけど初めて聞く話があったり、これまでお互い知らなかったことを知ることができたり、とても良い時間でもありました。
お仕事が忙しい新郎様も加わっての打ち合わせで創りあげた一日は、本当に楽しくて、言葉にできない程、感動的なひとときとなりました。

たくさんたくさんの時間をかけて、熟考して導き出したテーマは ”言ノ葉-コトノハ-”
今までの感謝を言葉にして伝えるコンセプトに、モチーフは季節の秋を取り入れた”葉”。

お二人らしいシンプルなコンセプトに沿って進む一日は、挙式前の家族の時間、挙式でお二人が自分の言葉で伝えた誓いの言葉、お二人が大切にしたゲストと過ごす歓談時間、新郎お父様からのコトノハ・・・
どのシーンも、どの瞬間も、今も心に残っています。

結婚式ってやっぱりいいな
結婚式ってすごいパワーを持ってるな
と、改めて再確認できたこの日。
ウェディングプランナーというお仕事への誇りと、大切な人の大切な一日のお手伝いができる幸せを、たくさん感じた一日となりました。

彰吾さん 佑香さん
離れていても、これからもずっと二人のことを応援し、末永い幸せを願っています。^^
心から、ありがとうございました!

REPORT一覧